FC2ブログ
10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Dekom スタッフブログ

  // 

デコム日本人スタッフが、バリでの生活を毎日お伝えします。ダラダラと・・・・

くるま 

以前より、車にまつわる話をよくブログに書いていますが、今回はシンガポールの車の話を少し。前にも書いてますが、ぼくは2011年3月末までは日本のとある旅行会社に勤めて、2006年から2011年の5年間は駐在員としてシンガポールに住んでいました。話はそのあたりまで遡ります。

2006年に赴任した時、僕は最初にしたことは、車を購入することでした。ずっと学生時代から車を所有し運転してきたので車無しの人生は考えられず、非常にいい加減に周りの人に言われるままに、車を買いました(着任1週間後には運転してました)。「この車はお得だよ、絶対に!」と、当時住む場所(コンドミニアム)を世話してくれた不動産会社のお兄さんに言われるままに買ったのが、中古のBMW。日本で買うと多分250万円ぐらいで買えそうなBMWでしたが、なんとこれが600万円なり。それでも、海外赴任で疲れ切った頭は十分に動かずとにかく購入。で、どうしてそんなに高いのか!?ということですが、

まず、税金が100%かかります。300万円の車なら更に300万円。ただし、この税金は車を売るときに返金されます。全額ではありません。10年後に売る場合は65%になって返ってきます。1年目から10年目まで4%弱づつ返金額が減るようです。10年以上は65%のままです。

さらにCOEというものがかかります。なんというか、車の登録料みたいなもので期限は10年。つまりこのCOEの価値は毎年10%づつ下がり10年目には価値がなくなり、11年目にはまたCOEを支払う必要があります。で、厄介なのがこのCOEが時価なんです。街中の車の台数が多すぎると高くなったり、販売台数が伸びないと、安くなったりします(もしかすると理由は別かも)。で、現在は、(車の大きさにもよりますが)日本円で約300万円。

といった感じで、車を購入するには、①車本体+②税金(100%)+③登録料(約300万円)ということです。200万円のカローラだと、200万円+200万円+300万円で700万円也。高すぎます!しかし、さすがバブルシンガポール!街中にはピカピカのベンツ・ポルシェ・ジャガー・BMWがうじゃうじゃ走ってます。フェラーリも毎日見ます。ぼくのいちびった中古のBMWなんかは、屁みたいなものです。

と、ここでふと思い出したのですが、シンガポールにいるとき、家で娘たちとテレビを見ながらふと、友人からBMWのチューンアップ(エンジン改造)を進められたのを思い出して、「こんどやろうかな?」と考えていたら、横から娘が「パパ!今、車改造しようって考えてたやろ!ぜったいあかんで!」と。「なんで、分かるの!?」と、かなり焦って「うん、分かってる」と素直にあきらめました。血がつながっていると、たまにこういうのがあるんですね。「おーーー、こわーーー」。

と、少し話がそれましたが、つまり故障しない車をやすくで運転できる日本は最高です。
スポンサーサイト



未分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top