FC2ブログ
07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Dekom スタッフブログ

  // 

デコム日本人スタッフが、バリでの生活を毎日お伝えします。ダラダラと・・・・

ちょいまじめな話 

一応、僕もちょっと真面目なことも考えることがあるわけで。

もうすぐ、終戦記念日を迎えるにあたって、NHKでは毎日「原発」や「特攻隊」など戦争にまつわる番組が数多く流されています。本来日本では(半分口を開けて)「お笑い」ばかり見ていた僕も、海外で居住しているために、かれこれ6年ほど日本の番組といえば、NHKしか見ない日となっており、必然的にこの時期はこの類の番組を気付けば見ている今日この頃です。

もちろん、僕自身は戦争を知らない世代ですし、実際の怖さは知りませんが、こういった番組を見ることによって少なからず、戦争というものについて考えさせられる時ができます。番組には当時の特攻隊や戦艦大和乗組員の生き残り(不適切な表現かも)のお年寄りの方が、僕たちの想像を絶する当時の状況や心境を語っておられます。

多分、こういった類の番組はあまり視聴率は取れないと思いますが、本当に重要な情報伝達であり、子供を持つ僕たちもこのような情報を子供に伝える義務があり、それが子孫の不幸を予防することになるように最近思っています。
数年先には、戦争を経験した日本人が皆無になりますが、その時こそちょっと真面目に考えるべきでは。今は戦争を経験された数少ないお年寄りの方がその役割を担ってくれていますが。

東日本大震災(原発問題)も人災と言われていますが(ぼくも故意的ではないが人災と思います)、戦争は100%人災であり、人間の意志であり、被害は東日本大震災の比でないということです。

また、東南アジアに住む身としては、日本が戦時中にアジアの人たちにした悪事もきちんと認識すべきと思います。

ということですが、やっぱり「お笑い」を見たい。
スポンサーサイト



未分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top