FC2ブログ
07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Dekom スタッフブログ

  // 

デコム日本人スタッフが、バリでの生活を毎日お伝えします。ダラダラと・・・・

風邪 

先週、ついにバリに来てはじめて本格的な風邪をひいてしまいました。


バリに来てから、1年3カ月が過ぎるのですが、これまでは1度も体調を崩さずにやってきただけに、今回の風邪は精神的にも結構悲しいものでした。一人さびしく、寒気を感じながらおかゆを作り、さて梅干を乗せようと思ったら、ケースごとひっくりかえしちゃって、おじゃんになり、仕方ないので塩味のみで食べたりしていました。そのあとは8時半には寝ると。

でも、3日目には余りにしんどいし早く治したいので、BIMCというこちらの病院に行ってきました。ここは日本人のスタッフもいるし、保険を持っておるとキャッシュレスですし(保険によるかも)、清潔感あるし結構お勧めです。で、抗生物質や消炎剤などお薬をいただいて服用したのですが、これが利くんです!僕はもともとパブロン派でパブロンを早めに飲めば風邪は治ると思っていましたが、やはりその地の病気はその地の薬が1番いいようです。2日後にはかなり元気になりました。
(バリにはAPOTEKという薬屋さんがあちこちにあり、色々な薬が売られています。日本では処方箋がないと売ってもらえないような薬もかなりの安価で売られているそうです。)


バリといえば、常夏と思う人が多いと思いますが、少し説明すると、バリは赤道よりかすかに南に位置し、日本と夏と冬が逆で、今は基本冬なんです。で、冬はやはり比較的涼しく(住民にとっては寒く)、バイクに乗るときなどはジャンパーを羽織り手袋をつけている人もちょくちょく見かけます。とくに、バリの人は寒がりの様です。

実際、今月に入り、風邪を引くうちのスタッフが激増。インストラクターの仕事は海の中での仕事なので、体調を崩しやすく見ていても可哀そうです。でも、休むと会社が困ると思って無理して仕事をしてくれているのが分かるので、なおのこと感謝です。(みんなには無理せず、すぐに医者に行くように言ってますが)


日本からのお客様はバリでは薄着の方が多いですが、夕方からは気温が下がり、とくにウブドゥなんかはかなり寒さを感じると思います。また、夜ビーチ沿いでシーフード料理を予定されている方も、必ず上に羽織るものを準備されることをお勧めします。
実際にこちらに来て、風邪をひいてしまいずっと寝込むというお客様も時折見かけます。気を付けてください!

※サーファーのみなさん
かなり水温が下がっています。この時期のバリはスプリングなどウェットは必需品ですよ!
スポンサーサイト



未分類  /  tb: 0  /  cm: 1  /  △top