FC2ブログ
11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Dekom スタッフブログ

  // 

デコム日本人スタッフが、バリでの生活を毎日お伝えします。ダラダラと・・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

3日連続(前編) 

今回は3日間連続で起こった恐ろしい話を書かせていただこうと思います。
今日は大きなこともなく、1日を終えようとしているので、これは昨日までの3日間のことだと信じています。

というのは、昨日までの3日間車に関連することでいやーーなことが毎日起こったんです。

[1日目]
現在、ぼくはコミン先生のお車をお借りしているのですが、先日営業&買い出しでスタッフの一人とお出かけいたしました。スタッフの人は一応気を使ってくださり、運転してくださるのですが、お年が60前とちょっと危なっかしいなんです。結局、狭い駐車場で右側後方を「ガリッガリッ」っていっちゃったんです。とまぁ、これは人的ミスであり、とくに取り上げるものでもありませんが、とにかくちょっと辛いことだったんです。もちろん修理は僕の支払いですし、それ以降の運転はずっとぼくで、これからもぼく。(でも、こちらのスタッフは本当によく働いてくれる方で」人としても尊敬する方なのでOK)

[2日目]
この日もオフィス開設の準備でとにかく忙しく飛び回っていました。やっと、一段落してちょっと帰りにコミン先生と待ち合わせして食事でも行こうかと出かけた時のことです(コミン先生は忙しくてもマイペースで釣り&お昼寝です)。約束のレストランに向かう途中、繁華街のレギャン通りで突然「ガタッガタッ」といいだしたんです、車が。降りて見てみると左後ろのタイヤが完全にバースト(パンク)。そのままなんとか、(ホテルの)工事現場の前まで車を運転して停車。さぁ、ここからが大変です。スペアータイヤがあるはずなので交換をしようと思ったのですが、ジャッキなどの工具が見当たらない。どこかなぁといたるところを調べていたら、工事現場のおっちゃんたちが集まってきてライターをつけたりして一緒に探してくれるじゃありませんか(やさしーー!)。結局エンジンルームに工具が取り付けられていたんです。「よっしゃー」と、外そうと触ってみるとめっちゃ「アッチッチー!」なんです、だってエンジンルームですからね、そりゃ熱いです(誰がここにつけるって考えたのでしょうか?)。それでもなんとか工具を外し、今度は後方裏面にあるスペアタイヤを外すことに。外すのに結構時間がかかったのですが、やっと外したタイヤがこれまたフニャフニャでパンクしていたんです。「アリャリャ!」ってな感じで、コミン先生に電話をして状況説明すると「うそー、おれ知らないよ」と。でも、僕たちはもっと知らない。
結局コミン先生の友人が二人来てタイヤを持って帰って修理して(タイヤは中がチューブでそのチューブを取り換えたらしいです(チューブのタイヤって最近では自転車のタイヤしか見たことないのですが))、また持ってきてくれ、一応家路につくことができました。結局、待つことトータル2時間程度。でも、バリに慣れてきたぼくはとくにイライラもせずに、仲良くなったおっちゃんたちに工事現場の見学などをさせてもらってました。(かなり危険な原始的現場でしたが、とにかく驚いたのは泥まみれで危険な作業をしている方の給与が1日80,000ルピー(800円程度)ってことです。さすがにこれには、ちょっと考えさせられました。

とまぁ、2日連続で怒った自動車関連の不幸な話ですが、極めつけが3日目。
しかし、これは疲れたので次回書きます。

IMG00136-20110810-1943.jpg
IMG00137-20110810-1944.jpg
IMG00140-20110810-2010.jpg

スポンサーサイト
その他  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://balinami.blog69.fc2.com/tb.php/23-47e04620
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。