FC2ブログ
09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

Dekom スタッフブログ

  // 

デコム日本人スタッフが、バリでの生活を毎日お伝えします。ダラダラと・・・・

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

バリの電気事情 

すでにご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、バリの電力事情は今でも時折停電になるという状況で決してよろしくありません。以前、住んでいたアパートでも一晩中停電でシャワーは浴びれないわ、冷蔵庫のものは腐るわで、大変なことがありました。まぁ、今の住まいはバックアップのジェネレーターもあってそういった心配もなく機嫌よく過ごしているのですが。。。(東日本大震災の時は比べ物にならない大変な状況だったのですが。。。)

で、昨晩のことですが、サッカーを一緒にしている(してくれている)22歳の青年が、日本に帰国するということで、送別会をクタのとあるラーメン屋でしておりました。

料理をオーダーしてビールの栓を抜いて乾杯をして約10分後、いきなりドンッと店内中の電気が切れたのです。ぼくは、「久しぶりの停電だ」と思ったのですが、外の様子を見ていると電気が切れているのはこの店内だけ。一緒に飲んでいた先輩によると、

バリでは電気代もプリペイドのところが多く(携帯電話はほとんどプリペイド。信用取引(後払い)はまだまだしてません。)、この店の事前払いの電気代がゼロになったため。電気を止められたとのことでした。はっきり言って、日本では考えられない事態です。それもお客を扱う飲食店で。
その上、タイミングが悪いことに友達の一人がオーダーしていたラーメンが出来上がったのと同時だったらしく、真っ暗闇の中で「ラーメンです――――。」と運んでくるもんだから、なってません。友人も「こんな暗くて食えるか!」と怒ってますし。

一方で店員のひとりがバイクに乗って、近くのコンビニに電気代を支払いに出かけています(慌てる風もなく)。そして支払が無事完了したようで、約10分後には電気が復活。何事もなかったかのように宴が再開したわけですが、まだまだバリ素人の僕には結構新鮮な驚きでした。(ちなみに長年バリに住んでおられる先輩方は慌てることなく「暑いなー」と言ってるだけでしたが。店員さんも電球の球が切れたぐらいの感じでした。)

IMG00302-20120307-2153 (500x375)


スポンサーサイト
未分類  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://balinami.blog69.fc2.com/tb.php/60-bf62d665
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。